2014年06月24日

セクハラやじに批判続出=自民幹事長は謝罪―与野党

●セクハラやじに批判続出=自民幹事長は謝罪―与野党

東京都議会で晩婚化対策を質問していた塩村文夏(あやか)都議(35)が「自分が早く結婚すればいいじゃないか」とヤジを浴びた問題で、自民党の鈴木章浩都議(51)が23日、自身の発言だったと認めた。吉原修幹事長は「ご迷惑をおかけしました」と謝罪。鈴木都議は会派離脱を申し出た。


品格がない。

人格のかけらも感じられない。

優秀じゃなくても構わないけれど、せめて、最低限の品性を捨てないで欲しい。

でも、そんな人を選んでしまったのは、僕たちなんだよね。

「国民は国民に似合った政治家を選ぶ」

いや、待てよ、政治家になった瞬間に「国民」であることを辞めたのか。

国民目線の政治家って一体、何人いるんだろう?

本音が国民と一緒の政治家って、いるんだろうか?

一夜にしてなれる政治家という「職業」。

国民を幸せにしてね。せめてさ。



posted by ホーライ at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治絡み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。