2014年08月21日

広島で大災害が発生している。

●広島で大災害が発生している。

お見舞い申し上げます。

多くの方が亡くなられたり、行方不明だ。


もともと、広島は土砂崩れしやすい土壌らしい。

もう少し、なんとかならなかったのだろうか?


土砂崩れの危険が迫ったのが今回は午前3時頃。

みんな寝ている時間だ。

そんな時、どうしたら、災害を防げるのだろう?

もう、とにかく、危険が迫ったら、1軒1軒、住民をたたき起こして、非難させるしかない。


日本は地震や台風、大雨による土砂災害と、天災の塊のようの国だ。

きっと、根本的に災害対策を練らないといけないんだろうね。

危険な地域は、住宅を建ててはいけない、とかね。

それにしても、あっと言うの出来事だったらしい。

そんな事態に備えるのはどうしたらいいのだろう?

国を挙げて、考えないといけない。

また、似たような災害が起こる前に。

また、悲劇的な災害が発生する前に。
posted by ホーライ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 行政科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。