2014年08月31日

盲導犬が刺されけが 魂を捨てた人間

さいたま市の全盲の男性が連れていた盲導犬が、先月、移動中に腰のあたりを刺されてけがをしていたことが分かり、警察は何者かが意図的に犬に危害を加えたとみて、器物損壊の疑いで捜査しています。

卑劣な行為だ。

犯人の精神構造に極めて強い悪意を感じる。

もちろん、全ての生き物を無闇に傷つける行為そのものが犯罪だと思うのだが、盲導犬を傷つけるというのは弱者いじめで、犯人を僕たち、同じ人間だと思いたくない。

盲導犬は無闇に吠えないように訓練されている。

きっと、刺された盲導犬も、ただ、黙ってじっと我慢して刺されていたのだろう。

この盲導犬のオスカー(雄・8歳)と犯人の精神を比べると、はるかに、圧倒的にオスカーのほうが崇高だ。

人間は怠けると魂を捨て去り、人間であることを止める。

いや、同じ人間どうし殺し合う人間だからできる行為なのか。

posted by ホーライ at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

<危険ドラッグ>若き消防士、少年暴走の巻き添え死

「ぼくのゆめはレスキュー隊になって人の命を助けることです」。

小学生のころ、地元の新聞にそうつづった夢に向かい、仕事に打ち込んでいた若い消防士が今年5月、事故に巻き込まれ命を落とした。

男性の命を奪ったのは危険ドラッグの吸引直後とみられる少年の暴走運転だった。

全国で相次ぐ危険ドラッグ吸引後の事故。

「息子の死を無駄にしてほしくない」。

遺族は対策の強化を強く望んでいる。

「危険ドラッグ」の事件が後を絶たない。

これはもう、覚せい剤以上に厳罰を処さないと無理だ。

徹底的に「危険ドラッグ」の売り場とネット販売を撲滅する。

薬剤師関係者も、学校訪問等して、小さな頃から「危険ドラッグ」の危険性を教えていく。

社会全体として「危険ドラッグ」に対する警告を発していこう。



posted by ホーライ at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

無為の48年・・・だけど、人が好き!

平成26年3月27日、静岡地裁でいわゆる「袴田事件」の再審が決定した。

逮捕されて48年だよ!!

しかも、釈放!!

つくづく、僕は人を裁く側にないのがうれしい、が、裁判員制度があるから、今後は分からないなぁ。

人を裁くのも人、裁かれるのも人。

裁く法律を作るのも人。

法律を破るのも人。

僕は、人が好きなんだけれどね。



posted by ホーライ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

ひとりの人間の価値は50万円か?(命はお金に換えられないと言うけれど)

マレーシア航空の失踪事件では各国の「衛星写真」が決め手となりつつある。

僕は普段は軍事衛星とかには興味がないが、この飛行機失踪事件(事故)のニュースで、各国の「衛星写真」の威力をまざまざと見せつけられた。

こんなことでもないと、軍事衛星の存在すら忘れているよね。

話は飛ぶが、マレーシア航空は被害者に一律50万円をとりあえず支払ったそうだ。

50万円か・・・・・・

もちろん、お金で死んだ人は生きかえられないが、それにしてもね、50万円か。

飛行機代が多少高くても、いざという時に家族に賠償(補償)金が少しでも多く払ってくれる航空会社を選びたいよね。

そういう話ではない?
posted by ホーライ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。