2014年08月13日

エボラ出血熱のアウトブレイク

西アフリカで感染が広がるエボラ出血熱の死者が1000人を超え、欧州でも12日、初めて死者が出るなど影響が広がっている。

ロイター通信などによると、リベリアで感染後、スペインに帰国して治療を受けていた司祭男性(75)が12日死亡した。

米国で開発された未承認の新薬「ZMapp(ズィーマップ)」を投与され、治療が続けられていた。

ZMappは、サルで動物実験は行われているが、人間に対する安全性などは確認されていない。


リベリアのブラウン情報・文化・観光相は12日、エボラ出血熱に感染した同国の医師2人に、ZMappを投与する方針を明らかにした。

米食品医薬品局(FDA)の輸出許可を待っている段階だという。

AFP通信によると、シエラレオネでは8日までに患者の治療にあたっていた中国人の医師7人と看護師1人の計8人が感染したとして隔離された。


エボラ出血熱のアウトブレイクだ。

小さくなった地球では、地球の裏側の病気も隣町の病気と同じ。

人間同士、殺し合いをやっている場合じゃない。
posted by ホーライ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

本当に幸せなの?

「障害」を持ったがために、スポーツや芸術に果敢に挑戦する人がいる。

この人、もし、障害が無かったら、こんな過酷なスポーツに挑戦もしないだろうし、こんなに人を感動させないんじゃないのなかな、とパラリンピックを見て、いつも思う。

もし障害が無かったら、わざわざ、スキーをしなかっただろうな、等と思う。

障害があるからこそ、障害が無い人と同じスポーツをしたいのかな、と想像する。(これは、あくまでも、僕の感想ね。)


よく障害者の方が、たとえば、『五体不満足』の乙武 洋匡さんなどは「障害は不便だけど、不幸じゃない」と言う。

そんな言葉、きれいごとじゃないの?と思っていたが、パラリンピックの選手を見ていると、あ、この人、今、幸せだろうな、と思う。

こういう考え方ができるようになった、きっかけにNHK Eテレの「障害者バラエティ バリバラ」という番組がある。
    ↓
http://www.nhk.or.jp/baribara/


僕も心の障害を持っているが、だから、きっと、こんな文章を書いている(書ける)のだ、と自覚している。

幸せかどうかは、その人の心が判断する。

その心に障害があると、なかなか、幸せだと感じられない、ことが多い。

普通の人なら、さら、と流すようなことが、僕は流せない。(この性格は息子に、もろに遺伝した。)

でも、それでは、毎日が苦痛の連続なので、とにかく、思考の悪しき流れの習慣を変えようと努力する。

それでも、僕の心は絶対に治らないんじゃないかと、何度、自暴自棄になったかしれない。

でも、とにかく、苦痛から逃れたくて、いろんなことを試した。

たとえば、「認知療法」とか「森田療法」とかね。(薬も補助的に今も使っている。)

50歳を過ぎた今、やっと、その心の悪しき習慣から脱却できて、「本当に幸せなの?」と聞かれれば、「まぁ、人生なんて、そんなもんさ」と思えるようになってきた。

長く辛い時代を過ごしてきたけれど、これだって、幸せさの一種さ、と思う。

posted by ホーライ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。