2014年07月23日

「性善説」を取るか「性悪説」を取るか

上海にある食品加工会社「上海福喜食品」が品質保持期限を過ぎた肉をマクドナルドなどに出荷していた問題について、中国の食品安全担当部門である国家食品薬品監督管理総局は全面的な調査に乗り出した。

古い肉の混入、保証期間の書き換え、検査対策――。

中国メディアは日常的に行われていた不正工作を暴露し、取引先のファストフード店などが一部商品を中国国内で販売停止にするなど、影響が広がっている。

 
日本では、日本マクドナルドとファミリーマートが同社から鶏肉を調達していた。

同総局は上海市に対し、上海福喜食品の営業停止、原料と商品の差し押さえを指示した。

また、徹底した調査を行い、違法行為は司法機関で刑事責任を追及するよう命じた。

中国紙・京華時報によると、上海市公安局が上海福喜食品の責任者を監視下に置いたという。


僕は普段「性善説」を取っているのだが(そうでないと講師なんて務まらない)、ここまでくると「性悪説」もありだな、と思う。

人はどこまでも「いい加減」になれる。

その「いい加減」を止めることができるのはマニュアルでもSOPでもない。

その人の心だ。

まずは、仕事に対する姿勢から教育のし直しだね。




posted by ホーライ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。